【注意】ネットワークビジネスにおける確定申告

失敗しないネットワークビジネスとは?

 

こんにちは^^

一樹です

 

 

ネットワークビジネスでも収入が発生している以上

確定申告をする必要があります。

 

普通は源泉徴収という形で

会社から自動で所得税が支払われますが、

ネットワークビジネスも個人事業ですので

所得に応じて自ら確定申告して税金を払う必要があります。

 

所得とはなにかご存知ですか?

 

所得=収入-経費

 

ですので覚えてくださいね。

 

 

どのくらいの所得から確定申告の必要があるの?

 

<有職と無職ごとの所得税基礎控除>

専業でやる場合 副業でやる場合
年間38万円以上の所得
所得税発生
年間20万円以上の副所得
所得税発生

 

ここで注意して欲しいのが対象となるのは

年間収入ではなく、年間所得であるということ。

 

たとえば、副業でやっている人が

月々2万円の権利収入を得ていたとします。

 

この場合、年間で24万円の副収入になりますので

確定申告が必要かと思いきや、そうとも限りません。

そこにはその収入を得るために発生した

経費と言うものが存在します。

 

具体的に経費とは

  1. サンプル品:宣伝のために使用する商品など
  2. 研修費  :セミナーやミーティングによって発生したお金など
  3. 交通費  :セミナーやミーティング開催地までの交通費など
  4. 会議費  :勧誘の際のお茶代やアフターフォローの際のカフェ代など
  5. 図書費  :配るためのカタログの費用など
  6. 通信費  :電話料金やインターネット代、はがき、年賀状など
  7. 地代家賃 :オフィスの家賃など
  8. 接待費  :お中元やお歳暮、祝電や香典など

上記8つが主で、明らかに経費と認められる割合を算出して

収入から差し引いて、所得を減らすことが出来ます。

 

つまり年間24万円の副収入の場合でも

必要経費で

  • サンプル品:1万円
  • セミナー費:1万円
  • 交通費  :1万円
  • 会議費  :3万円
  • 通信費  :1万円

となれば、

24万円(収入) - 7万円(経費) = 17万円(所得)

となり、確定申告の必要はなくなります。

 

心配な方は収入が20万円を超えた段階で

確定申告をしても問題ないかと思います。

役所の方が細かく教えてくれるので

それに沿って進めていきましょう。

 

ちなみに今はe-taxといってネット上でも申告することが出来ます。

以下を参照してください

e-Tax個人でご利用の方

 

 

副業の収入が上がってくると

住民税の関係から、会社にばれてしまうことがあります。

次回はそこをうまく切り抜ける方法について解説します。

 

 

↓↓↓↓↓↓ 

口コミしなくてもダウンができる勧誘いらずの集客術

 

在宅でMLMを成功する方法

■ネットワークビジネス成功の秘訣■

口コミ勧誘をしたくない方へ

驚きの集客テクニックとその秘訣を教えます。

下記より無料でどうぞ
無料セミナー

プロフィール

はじめまして 大類一樹 です。

 

在宅で稼ぐには?

私が口コミをせずに月に20人以上
リストアップしている秘訣を紹介します。

金銭的 & 時間的余裕が欲しいなら
複数の収入源は必要不可欠です。

 

自由な時間
自由なお金
価値観の合う仲間

昔も今もこれからも
私が行動する理由は
この3つです。

詳しくはこちら(プロフィール)

カテゴリー

ページ上部へ戻る

 

 

AX